充血、ドライアイなどを改善する方法を教えます

HOME » 目に関する基礎知識 » どんな構造?

どんな構造?

目はカメラのような構造になっています

目はカメラのような構造になっています。いろいろな物の色や形を光の情報として取り入れます。目の虹彩はカメラの絞りにあたり、水晶体はレンズに、網膜(黄斑)はフィルムに相当します。物を見るとき、瞳孔から目に入った光が虹彩で調節され、ピントを調節する水晶体で屈折して、硝子体を通過して、網膜の黄斑に焦点を結びます。その光が視神経を通じて信号として脳に伝達され、像として認識されるのです。
 
角膜(かくまく)は、血管のない透明の膜です。黒目の部分を覆っていて、光(映像)はここから入ります。虹彩(こうさい)は、正面からみたとき、茶色に見える部分で、中央部には、瞳孔(どうこう)があって、明るい所では小さくなり、暗い所では大きくなり、目に入る光の量を調節しています。

カメラでいうピントは、角膜と水晶体であわせられ、水晶体の透明のレンズと毛様体(もうようたい)から出る細い糸によって固定されています。毛様体の筋肉の伸び縮みにより水晶体の厚みが調節され、ピントが合うわけです。遠い物を見るときは水晶体が薄くなり、近い物を見るときは厚くなります。

網膜薄い膜で、映像を写すフィルはムの役割を果たします。眼球内部の大部分は、硝子体(しょうしたい)という透明なゼリー状の組織でできています。硝子体(しょうしたい)は、眼球の形を維持するとともに、カメラでいうレンズとフィルムの間に一定の距離が必要なように、水晶体と網膜の間に一定の距離を取る役割を担います。

映像としての認識は連携プレーでなされる

目で物を見る仕組みを考えるとき、目玉、つまり眼球のことだけを考えず、目で見たものを映像として認識するということがどういうことなのかを理解する必要があります。人間が体の外から受ける情報は、五感から得られますが、その中で、約80パーセントの情報は、視覚から入ってくるといわれています。

物を見る窓口は、目が窓口となり、人間が、目で見た物を映像として認識するので、眼球から大脳まで伸びている視神経と大脳の視覚中枢と呼ばれる部分で行われます。網膜に送られた情報は、神経細胞から視神経を通り大脳の視覚野と呼ばれる部分へ送られて映像として判断されます。

左右のそれぞれの目が捉えた映像をひとつの映像として認知するのもこの視覚野でなされます。物を目に写し、それが何かを認識するためには、脳の働きがとても重要になり目に写した情報は、眼球→視神経→大脳と連動プレーで認識されていきます。

実はそれほど目を酷使しているわけでもないのに、ストレスなどが原因で、脳や視神経に疲労が蓄積され、これが疲れ目となって現れたりすることもあります。
 

 
目の疲れ解消マニュアル