充血、ドライアイなどを改善する方法を教えます

HOME » 目に関する基礎知識 » 白内障の原因と対策

白内障の原因と対策

このページでは、代表的な目の病気 「白内障」について、その原因、改善策、予防法などを解説します。

白内障とは?

白内障とは、目の水晶体(レンズ)が白濁し、視力が低下していく病気で、以下のような症状が現れてきます。 症状は病気の進み具合によって変化し、個人差があります。

また、白内障には通常は痛みがでることはないということです。

  • 視力が低下してくる。
  • ものが霞んで見える。
  • ぼやけて二重や三重に見える。
  • 明るいところへ出ると、非常に眩しくて見えにくい。
  • 視界が全体的に黄色っぽく見える。

白内障の原因

白内障は目の水晶体(レンズ)を構成するタンパク質が、さまざまな原因で変性し白濁してしまう病気で、次第に視力が低下してきます。

白内障の原因で主なものは加齢による酸化現象で、「老人性白内障」と呼ばれます。

その他に 「先天性白内障」「併発性白内障」「全身性疾患」「薬物性白内障」「外傷性白内障」という種類があります。

「老人性白内障」は、加齢や紫外線の害によって、水晶体をつくっているタンパク質が、変性して白濁してきます。

60歳代で70%、70歳代で90%、80歳以上になるとほぼ100%の人に白内障が見られるそうです。

「先天性白内障」は、生まれつきの障がいで、遺伝や感染などが原因だと考えられています。

「併発性白内障」は、他の疾患、例えばぶどう膜炎、網膜色素変性、強度近視などが原因となって併発する白内障です。

「全身性疾患」に伴う白内障は、全身の病気が原因となって起こる白内障です。
主な原因として糖尿病、アトピー性皮膚炎、副甲状腺機能低下症、などの合併症としておこります。

「薬物性白内障」は薬物の影響によってひきおこされるもので、ステロイド剤の長期投与が原因であることが多く報告されています。
その他、向精神薬、縮瞳薬、人工透析からおこるものも薬物性だと言われています。

「外傷性白内障」は、目に何かがぶつかったり、つついたりというような外傷が原因でおこる白内障です。

白内障の治療・改善・予防

白内障の治療・改善

白内障が軽度であまり視力に影響のない場合は、点眼薬や内服薬によって進行するのを遅らせる治療法が行われます。

しかし、いったん白内障が発症すると、薬で回復することは不可能なので、視力の低下が著しくなれば手術以外に視力を回復する手段はありません。

白内障の手術は水晶体の濁りを取り除き、人工の水晶体(眼内レンズ)を移植します。

白内障それ自体は視力の低下程度の病気と思われがちですが、緑内障やブドウ膜炎など、重篤な疾患を併発してくることもありますので注意が必要です。

白内障になってしまったら、定期的に専門医の診察をかかさないようにしましょう。

白内障の予防

白内障にならないために留意することは以下のような生活習慣です。

  • 白内障を防ぐと言われている食品を多く摂るようにする。

    ビタミンE…大豆、玄米、植物油、ごま、うなぎなど
    ビタミンB2…のり、レバー、納豆、鶏卵、いわしなど
    ビタミンC…緑色野菜、いも、柑橘類など
     
  • 偏食を避け、バランスのよい食事を心掛ける。
  • 強い紫外線、放射線、赤外線が目に入るのを避ける。(サングラス・保護眼鏡)
  • 糖尿病など、白内障の原因となる病気にならないようにする。
  • 白内障を助長すると言われている、古い油を使った揚げ物や古い魚の干物などを避ける。
 
目の疲れ解消マニュアル