充血、ドライアイなどを改善する方法を教えます

HOME » 目に関する基礎知識 » ドライアイの症状と対策

ドライアイの症状と対策

身近な行動が原因で引き起こされる「ドライアイ」。症状改善の治療法、予防法など解説します。

ドライアイってなに?

目の疲れとともに最近よく聞く 「ドライアイ」。とくに女性の間で患者数が増えているようです。その名のとおり眼球表面が乾燥してしまう病気で、涙の量が減少したり、成分が変化したことにより引き起こされます。涙の量や成分が変化する原因はさまざまで、特定されていないようです。

眼球はつねに涙によって保護されているのが正常な状態なので、乾燥すると異物が入っても洗い流せなくなります。それで眼球が傷ついたり、酸素や栄養分が角膜に十分に供給されなくなり殺菌力が低下、さまざまな障害がおこりやすくなります。

ドライアイのおもな症状 目が乾く/目が疲れる/目が痛む/目が重たい/ゴロゴロする/充血する/視力が低下する/視界がかすむ/光がまぶしい/理由なく涙が出る/長い間(10秒以上)目を開けていられない/結膜炎などの目の感染症にかかりやすくなる など

ドライアイの原因と改善(治療法)

  • 原因
    ドライアイの原因には、コンピュータのモニター画面、ゲームやTVなどの画面を長時間見続けるというような目の酷使、冷暖房による空気の乾燥コンタクトレンズ装着などが主に挙げられます。
    また、加齢によっても涙の分泌量は減っていきます
    過剰なアイメイクにより瞼の内側の分泌腺が塞がれてしまい、ドライアイの症状がでることもあります。
    注意しなくてはならないのは、病気や薬の副作用で引き起こされるドライアイです。
    マイボーム腺機能不全、シェーグレン症候群、スティーブン・ジョンソン症候群、眼類天疱瘡などがそれで、これらの病気は難治性のものもありますので、早期発見が望まれます。
    おかしいと思ったらすぐに専門医の診察を受けましょう。
  • 治療法
    治療法としては主に涙に近い点眼薬、ヒアルロン酸が主成分の点眼薬などを用いる外用治療です。ただし、上記に示した病気が原因の場合は、そちらの治療を先行しなければなりません。どちらにしても異常が感じられたら眼科専門医の診察をうけるようにしましょう。

ドライアイにならないためには…(予防法)

ドライアイの予防には、目を酷使することが多くなっている現代日本の環境を改善することも大事だと思います。

まず、目の酷使を避けましょう。
長時間のデスクワークやTV・コンピュータ画面を長時間見続ける事を避け、定期的に目を休める習慣をつけましょう。蒸しタオルで目をあたためて血行をよくしたり遠くをみて目を休めたり、ということも効果的です。

空気の乾燥を防ぐためには、タバコの煙を避け、加湿器を使用しましょう。
コンタクトレンズは長時間の使用は避けましょう

目や体の血流を良くするような栄養価の高い食事を摂るようにしましょう。目に良いサプリメントを利用することもおすすめです。

ドライアイに有効なサプリメントとしては、DHA(ドコサヘキサエン酸)が注目されています。DHA(ドコサヘキサエン酸)は、青魚などに含まれる「オメガ3系脂肪酸」で、脳神経の若さに有効であることは周知されていますが、目の機能改善にも有効です。

網膜細胞や視神経細胞には脳細胞と同じく、DHAが多く含まれています。
青魚を毎日食べる人は週1回しか食べない人に比べ、ドライアイになる確率が60%以上低いという報告もあります。

サプリメントなどで積極的にDHAを補うことも、視力改善やドライアイの予防に有効だと思われます。

 
目の疲れ解消マニュアル