充血、ドライアイなどを改善する方法を教えます

HOME » 目の疲れを解消する成分とは? » ビタミンが目に働く?

ビタミンが目に働く?

ビタミンAとビタミンBのはたらきについて

ビタミンと一口に言ってもその種類は非常に豊富で、 さまざまな特性を持っている成分になります。その中でも目によいと考えられている成分は、 「ビタミンA」や「ビタミンB1」という種類のビタミンであると考えられます。

ビタミンAは、体にとって重要な成分である脂溶性ビタミンの一種になります。ビタミンAには、 主に動物性の食材に含まれている「レチノール」と呼ばれている成分と植物性の食材に含まれている 「ベータカロチン」と呼ばれている成分との2種類があります。(ただし、レチノールとは違い、ベータカロチン は、 人間の体内に入ってからビタミンAに変化する成分なので、レチノールとは少し違っているとされています。) ビタミンAは、目だけではなく、髪や皮膚、粘膜を正常な状態に保ってくれる 効果があると考えられています。 ビタミンAが欠乏すると夜盲症になることもありますので、ベータカロチンが 豊富に含まれている緑黄色野菜かウナギなど動物性のレチノールを とることをオススメします。ビタミンAは、目の網膜で活躍している成分にもなりなるので眼の疲れを予防するために必要な成分なのです。

ビタミンBは、眼精疲労に効果があります。ビタミンB1については、それほど 欠乏を心配する必要はないかもしれませんが、 ビタミンB1を摂取することで、目の疲れを癒やすことができるので、目の酷使などで目が疲れ気味のときなどに摂るとことをオススメします。

ビタミンCとビタミンE(パームカロテン)のはたらきについて

ビタミンCは知っている方が多いと思いますが、代表的な効果は酸化作用で生活習慣病や老化予防します。 その他にもコレステロールを減少させて、動脈硬化や高血圧予防したり、毛細血管、骨、歯、皮膚などのコラーゲンの合成に関与して、 シミ・ソバカスの原因を抑制したりします。また、抗ストレスホルモン(アドレナリン)の生成を助けて、 ストレスに対する抵抗力を高める働きがあります。そんな万能なビタミンCですが、実は目の水晶体の透明度を保つ働きがあり、 白内障の予防などを考える人は摂る必要のあるビタミンなのです。非常に万能なビタミンです。

ビタミンEは酸化作用で、細胞の老化を防止します。脂溶性ビタミンであるビタミンEは、脂(あぶら)に溶けやすい性質をもっており、 脂質を主成分とする細胞膜の中にとどまって、酸化を防いでいます。

血液循環がスムースになるため、栄養を運んだり不純物を流して代謝をよくしたりする上でも役立ちます。 目の老化を防ぐには、ビタミンEを忘れずに摂ることをオススメします。

 
目の疲れ解消マニュアル