充血、ドライアイなどを改善する方法を教えます

HOME » 目の疲れを解消する成分とは? » ルテインとカロテンが良いといわれるワケ

ルテインとカロテンが良いといわれるワケ

ルテインの抗酸化作用

ルテインとは、カロテノイドという野菜や果物、海草などの食品に含まれる色素の一種。 ルテインは、目の健康補助食品・サプリメントとして注目されています。目は私たちの体の中でも、 特に活性酸素の害を受けやすいところです。眼はまぶたを開いているとき、必ずいろいろな光が入ってきます。 この光の中の青色光と紫外線が、活性酸素を発生させる原因となっています。

つまり、眼は常時、活性酸素の害にさらされているわけですが、ルテインは強力な抗酸化剤として、 眼をこの害から守っているのです。私たちが物を見るとき、光は角膜、前房、水晶体、硝子体を通り、網膜黄斑部で光を感じています。

この黄斑部と水晶体には、ルテインが集中していて、水晶体のルテインは青色光を吸収してフィルターの役割を果たし、 黄斑部のルテインは網膜上で発生する活性酸素を無害化しています。黄斑部にはルテインとゼアキサンチンという成分しか含まれておらず、 ルテインが減少することで、太陽光線の影響を受け、視力低下や眼の病気を引き起こしてしまうといわれています。 近年の研究により、水晶体・黄斑部のルテインの量が少なくなると、白内障・加齢黄斑変性(AMD)といった眼病の要因になるともいわれるようになりました。

ルテインの種類

現在、ルテイン サプリメントとして市場で販売されているものは大きく分けると 「フリー体ルテイン」を使用したルテイン サプリメントと「ルテインエステル」を使用したルテイン サプリメントの2つに分けられます。

「フリー体ルテイン」と「ルテインエステル」の大きな違いは、その吸収率に違いがあります。 「フリー体ルテイン」は人間の体内に存在するものと同じルテインであるため、そのまま体内に吸収されます。 「ルテインエステル」は「フリー体ルテイン」に「脂肪酸」がエステル結合されたもので、マリーゴールドから抽出された未精製のままルテインです。 未精製なので、原料的にも安価で、人の体内に入ってもそのまま吸収されることはありません。 そのため、摂取された「ルテインエステル」は、体内で消化酵素の力を借りて、脂肪酸が取り除かれ(脱エステル化)、 フリー体ルテインだけ吸収されることとなります。

目の粘膜や網膜を健康に保ってくれるβカロテン

カロテンはビタミンの一種で、にんじんやブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる色素です。 カロテンにはα、β、γなどの種類があり、中でも最も効果が高いとされているのがβカロテンなのです。 そして、βカロテンは腸で吸収されるとビタミンAに変わるため、 もともとのβカロテンとしての働きと体内でビタミンAに変換されたあとの働きの両方をもっているのです。 βカロテンとしての働きには、目の粘膜や網膜を健康に保つ働きがあり、疲れ目や、目の乾燥を防ぐのに役立つといわれています。 最近の研究では、βカロチンを多く摂取しているとガンの発生率が低いことがわかり、 発ガン抑制作用や治療に効果があるとして注目が集まっているようです。

また免疫学の研究では、血清中のβカロチン (カロチノイド) 濃度が高いと、 心臓病の危険性が抑制されているとの報告もあります。さらにカロテンは体内で生じる活性酸素をキャッチして消去する働きもあるため、 癌や白内障、心疾患、動脈硬化などへの効果でも期待されているようです。 一方、ビタミンAは夜盲症や疲れ目、視力低下を防ぐなど目の健康を保ったり、 皮膚・粘膜を正常に保ち、成長を促進する働きをもった成分です。 そのほかにも、肺・気管支など呼吸器系統の病気感染に対して抵抗力を高める、生殖機能を維持する、 髪・爪の健康を保つ、成長を促進するなどの働きがあります。

不足すると夜盲症、角膜乾燥症の要因にも…

カロテンの適切な摂取量は、現在のところ、まだよくわかっておらず、国民健康・栄養調査によれば、私たち日本人は、「ビタミンAの60~70%を緑黄色野菜や果物に含まれるβカロテンから摂っている」という結果がでています。「21世紀における国民健康づくり運動」によると、緑黄色野菜を1日120g摂取することが国民の目標とされているようです。このビタミンAが不足すると、夜盲症、角膜乾燥症、角膜軟化症などを引き起こす要因となり、また、体内で変換されたビタミンAは細胞膜の材料となるため目には必須の栄養素です。このような目への影響意外にも、皮膚乾燥、にきび、発育期では成長停止や知能障害などの欠乏症が現れることもあるそうです。βカロテンは、目や皮膚にトラブルがある人、風邪をひきやすく抵抗力が弱まっている人などにおすすめです。主に緑黄色野菜や海藻類に含まれています。ニンジン・ブロッコリー・ほうれんそう・小松菜・・ニラ・パセリ・チンゲンサイなど、摂ることが難しければサプリメントがおススメです。

 
目の疲れ解消マニュアル