充血、ドライアイなどを改善する方法を教えます

HOME » 目の疲れを解消する成分とは? » ブルーベリーの成分で瞳クリア

ブルーベリーの成分で瞳クリア

視力回復だけでなく眼精疲労にも効果アリ!

アントシアニンは、目に良いと言われている食材のひとつであるブルーベリービルベリーにある成分です。 アントシアニンは、視力を回復してくれる効果のほかにも眼精疲労にも効果的です。 現代は、インターネットやビデオゲーム、テレビや携帯の小さな画面、電子辞書などといった液晶画面や動く映像、 文字などを見る機会が昔くらべ、かなり多くなっているのです。それほど目の疲れを感じることはなくても、 実は酷使していることが非常に多いのです。このよう環境で、目もさまざまな影響を受けて、疲れるのです。 アントシアニンには、視力を回復してくれる効果とともに、目の疲れを癒やしてくれる効果もあると考えられていますので、 オススメの成分です。

暗いところが見えないなども解消

さらに、アントシアニンは特に暗いところで目がよく見えるようになる効果もあります。 ご年配の方の中にも夜になると目が見えにくくなる方がいらっしゃると思いますが、 アントシアニンを摂取することによって、視力 回復の手助けになるだけではなく、 一時的ではありますが、暗いところでも目が良く見えるようになる効果をが期待できます。

しかし残念なことにアントシアニンのこういった効果は一度摂取すれば長い間続くというわけではありません。 恒常的に摂取するように心がけていくことが必要なのです。それが難しいのであれば、アントシアニンを摂取するために、 ブルーベリージャムなどを使ったお菓子を用意したり、朝食用 にブルーベリージャムを常備したりする工夫も必要です。

そのほかにブルーベリー果実の入った お菓子(グミキャンディや飴など)やジュース等で摂取することもできます。 もちろん、アントシアニンを配合したサプリメントもありますので、手軽に摂ることが可能です。

さらに詳しく解説すると・・・

目の網膜には、ロドプシンという紫色の色素があり、これが光の刺激を受けたとき脳に信号を伝えて「見える」と感じさせます。 強い光を受けたり、長時間目を酷使したり、加齢などによって、ロドプシンは分解され減少しますが、 アントシアニンは、ロドプシンの再合成を助ける働きがあり、その作用には即効性があって、 アントシアニン摂取後4時間には十分な回復が見られ、24時間後に消失します 。

眼球には、角膜とレンズの役割をしている水晶体があり、角膜から光が入ると、 水晶体を通り、網膜に像を結びます。網膜には光に反応する細胞があって、ここに光が当たると神経が刺激され、 脳にシグナルが伝わって、ものが見えるという感覚が得られます。

 

光に反応する細胞には、明るいところで作用する細胞(錐体)と暗いところで作用する(杆体)があります。 暗いところで作用する細胞には、ロドプシンという色素体があって、光の刺激を受けると瞬時に分解され、 またすぐ再合成されます。ロドプシンの分解・再合成の繰り返しによって光の情報が電気シグナルに変換され、 これが脳に伝わってものが見えるという感覚を得ることができているわけです。

薄暗いところで本を読んだり、テレビやパソコンの画面を長時間見続けると、目がチカチカしたり、視界がかすんでしまうことがあります。これはロドプシンの再合成がうまくいかなくなったためにものが見えにくくなっているのです。

 
目の疲れ解消マニュアル